ソイル連続壁からの漏水2008/10/29

ソイルセメント地下連続壁出隅部分からの漏水状況です。

出隅とは掘削溝内側に突き出したコーナー部のことです。

防水シート貼り、水抜きパイプなどで漏水処理を施しているのが確認できます。

ソイルセメント地下連続壁の弱点は「出隅(ですみ)」からの漏水です。

本体掘削が進行すると土留壁に変位が発生します。

出隅部では土留壁が直交しており、土留壁の変位方向が直交する形となります。

変位方向が異なっているため、出隅部のソイル壁にクラックが発生し、漏水が発生するのです。
上記写真の部位は後日、鉄筋組立時に異常出水し、3昼夜連続の止水注入が行われたとのことです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mizukae.asablo.jp/blog/2008/10/25/3847038/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。